学校ポータルサイト

学校ポータルサイト
学校
ご挨拶
学校 学校と一言に言っても、色々な学校があります。「学校」と名のつく所に行ったことが無い人は恐らく殆ど居ない筈です。なぜならば、日本には「義務教育」があり、教育を受ける事は国民の義務とされているからです。義務以外で自ら望んで学校に通う場合ももちろんあるでしょう。むしろ、殆どがそうなのではないでしょうか?私は美大の彫刻科を卒業しましたが、その技術を活かして食べている人は殆どいません。そういう学校もあります。私も例外に漏れず、今の職業は彫刻ではありません。

例え4年大を出ても、学んだ事を最大限活かせる職業に就けるかというのは話別です。特に今は職業難ですから、希望の職種に就けるとしたら余程の運があるか並大抵の努力では叶わなかった事でしょう。
日本の大学は欧米と違い、入るのが大変です。ただ…卒業は簡単です。単位さえあれば良いのです。しかし、私はこのシステムを変えるべきであると思います。入学した達成感でそこから何をするべきか目標を見失う人達をたくさん見てきました。卒業を大変にすれば…きっと即戦力がある優秀な人材が育つのではないか…。よく考える事なのですが、結局、しっかり勉強する人は入ってからもやるし、そこまでの人はそこまでで…本人のやる気が全てである。という結論に達します。

日本ではどんな人でも学校に行きます。学校には3つの意味があり、その中で一番大きなものは、社会で生活するための知識を身に付けることです。ごく基本的なことですが、知らない漢字が多かったら、文章を読んだり、書いたりできないので、社会生活を営むのが難しくなります。また計算ができなかったら、お金を取り扱うことができません。もっと高度な知識を学びますが、それ以前に人間として生きていくために必要なことを学ぶ場所です。
社会性を身に付ける場所でもあります。人間は一人では生きていけません。他の人たちと協力しながら、生きています。小さい子供のうちは社会性が身に付いておらず、我儘な振る舞いをすることがあります。しかし、学校に入ってクラスメイトと生活するようになれば、自分の思い通りには何事も進まないことが理解できるようになります。また先生の指導によっても社会性を身に付けられます。
就職の準備をする必要もあります。大学の場合は、学問の習得が中心になりますが、最近は社会に出て活用できる学問を学ぶ生徒が増えています。大学で学んだことが仕事で生かせないことも多いですが、単位を取るために勉強したことは無駄になることはありません。

企業PR広告
悩み相談・心理カウンセリング<横浜市中区関内>ハートエッセンス
横浜の心理カウンセリング<横浜市中区・関内>悩み相談・電話相談・カウンセリング室「ハートエッセンス」
不動産登記・相続登記・横浜で創業30年の司法書士安西総合事務所<横浜市戸塚区・泉区>
遺産相続・遺言・不動産登記・会社設立登記・手続・費用のご相談は、司法書士安西総合事務所にお任せ下さい。対応エリア(横浜市・戸塚・泉・栄・鎌倉・藤沢・神奈川)